(松下 耕)
(松下 耕)

作曲家、合唱指揮者。1962年、東京生まれ、国立音楽大学作曲学科首席卒業。ハンガリー・コダーイ研究所合唱指揮マスターコース修了。
現在音楽監督を務めている合唱団は11団体を数える。各合唱団とも、日本国内、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、アジア各国のコンサートやフェスティバルに招待演奏されているほか、国際コンクールでのグランプリ受賞など、優秀な成績を収めている。その他に、国内では2団体の指揮者を務めている。
合唱曲の作曲・編曲を精力的に手がけ、それらの作品は国内のみならず世界各国で広く演奏されている。日本の伝統音楽を題材にした作品、ミサ曲、モテット、合唱のための練習曲(エチュード)など、内容は多岐にわたる。
2005年、合唱音楽における指揮、作曲、演奏、教育などの分野での国際的かつ優れた活躍が認められ、「ロバート・エドラー合唱音楽賞」をアジア人で初めて受賞した。

【主要作品】管弦楽作品:オーケストラのための“De Profundis”、管弦楽のための『黙礼』 器楽作品:4台のビオラ・ダ・ガンバのための『今日』、オルガンのための“La Riveratione di Dio” サクソフォーン・カルテットのための“Amami” など。合唱作品:混声合唱のためのJubilate Deo、女声合唱のための『愛の詩集』、混声合唱とピアノのための『この星の上で』他多数。

現在、東京都合唱連盟理事。日本合唱指揮者協会会員。合唱表現研究会代表。日本作編曲家協会会員。国際コダーイ協会会員。

Twitter